小径を行く

時代の移ろいを見つめた事柄をエッセイ風に書き続けております。現代社会について考えるきっかけになれば幸いです。筆者・石井克則(ブログ名・遊歩)

2012-09-22から1日間の記事一覧

1017 9月の庭にて 休息に憧れる季節

朝、犬の散歩をしていてマロニエ(トチノキ)の実がたくさん落ちているのを見つけた。実が落ち、落葉も始まっている。この季節のわが家周辺の風物詩といっていい。 例年なら秋の訪れを知るのはコオロギの鳴き声からなのだが、ことしは残暑が長く、夜のとばり…