小径を行く

時代の移ろいを見つめた事柄をエッセイ風に書き続けております。現代社会について考えるきっかけになれば幸いです。筆者・石井克則(ブログ名・遊歩)

2014-09-01から1ヶ月間の記事一覧

1303 福島から季節の便り 「くだものの宝石箱」の取り組み

福島の知人から旬の果物、梨(二十世紀)が届いた。早速いただいた。瑞々しくて、甘い。「2014年 梨園たより」というパンフレットが同封されていた。そのパンフからは、原発事故の影響で苦労する果樹園の姿がしのばれた。 「今年の2月14、15日にか…

1303 福島から季節の便り 「くだものの宝石箱」の取り組み

福島の知人から旬の果物、梨(二十世紀)が届いた。早速いただいた。瑞々しくて、甘い。「2014年 梨園たより」というパンフレットが同封されていた。そのパンフからは、原発事故の影響で苦労する果樹園の姿がしのばれた。 「今年の2月14、15日にか…

1302 御嶽の噴火に思う 人智を超えた自然の脅威

噴火した御嶽は深田久弥の『日本百名山』の60番目に出てくる日本アルプスの中で「別格」の山である。NHKの報道によると、この噴火によって、登山中だった31人が心肺停止状態だという。けが人も多数出ており、火山国日本の自然の脅威を実感する。山で…

1302 御嶽の噴火に思う 人智を超えた自然の脅威

噴火した御嶽は深田久弥の『日本百名山』の60番目に出てくる日本アルプスの中で「別格」の山である。NHKの報道によると、この噴火によって、登山中だった31人が心肺停止状態だという。けが人も多数出ており、火山国日本の自然の脅威を実感する。山で…

1301 国産ウイスキーをつくった竹鶴政孝の生涯 再読『ヒゲのウヰスキー誕生す』

先ごろ、イギリスからの独立の可否を問う住民投票があり、独立反対票が賛成票を上回り、イギリスにとどまることになったスコットランドは、スコッチウイスキーの生産で知られる地域である。18世紀までは、スコットランドの地酒に過ぎなかったウイスキーが…

1301 国産ウイスキーをつくった竹鶴政孝の生涯 再読『ヒゲのウヰスキー誕生す』

先ごろ、イギリスからの独立の可否を問う住民投票があり、独立反対票が賛成票を上回り、イギリスにとどまることになったスコットランドは、スコッチウイスキーの生産で知られる地域である。18世紀までは、スコットランドの地酒に過ぎなかったウイスキーが…

1300 いわし雲の季節に 子規去り112年

俳人の正岡子規が亡くなったのは明治35年(1902)9月19日だった。既に112年が過ぎている。秋の彼岸入りのころで、秋真っ只中のこの世との別れだったといえる。朝、空を見上げたら、鰯雲(いわしぐも)が浮かんでいた。 この雲の正式名称は巻積雲…

1300 いわし雲の季節に 子規去り112年

俳人の正岡子規が亡くなったのは明治35年(1902)9月19日だった。既に112年が過ぎている。秋の彼岸入りのころで、秋真っ只中のこの世との別れだったといえる。朝、空を見上げたら、鰯雲(いわしぐも)が浮かんでいた。 この雲の正式名称は巻積雲…

1299 hana物語(40)最終回 つぶやき18

「子宮の緊急手術 hanaのつぶやき」 ことしも残すところあと5日です。そんな暮れの夜、「お父」は安倍内閣誕生のニュースにずうっと見入っていました。そして、「お父」は「日本はいい方向へ変わることができるのかなあ」とつぶやいていました。 私は、…

1299 hana物語(41)最終回 つぶやき18

「子宮の緊急手術 hanaのつぶやき」 ことしも残すところあと5日です。そんな暮れの夜、「お父」は安倍内閣誕生のニュースにずうっと見入っていました。そして、「お父」は「日本はいい方向へ変わることができるのかなあ」とつぶやいていました。 私は、…

1298 hana物語(39) つぶやき17

「お父」の愚痴を聞く hanaのつぶやき」きょうは、12月にしては久しぶりに暖かい一日でした。居間の窓際で昼寝をしていると、やわらかい日差しが私の体を包んでくれるようで、気持ちのいい時間を送ることができました。私の横のソファーでは、この冬2…

1298 hana物語(40) つぶやき17

「お父」の愚痴を聞く hanaのつぶやき」 きょうは、12月にしては久しぶりに暖かい一日でした。居間の窓際で昼寝をしていると、やわらかい日差しが私の体を包んでくれるようで、気持ちのいい時間を送ることができました。私の横のソファーでは、この冬…

1297 hana物語(38) つぶやき16

「ついに絵のモデルに hanaのつぶやき」 「一芸に秀でる者は多芸に通ずということわざがある。ある分野を極めた人は他の分野でも優れた才能を発揮することができるという意味だよ」。 旅行先から、大きな荷物を持って帰ってきた「お父」が、その荷物をほ…

1297 hana物語(39) つぶやき16

「ついに絵のモデルに hanaのつぶやき」 「一芸に秀でる者は多芸に通ずということわざがある。ある分野を極めた人は他の分野でも優れた才能を発揮することができるという意味だよ」。 旅行先から、大きな荷物を持って帰ってきた「お父」が、その荷物をほ…

1296 hana物語(37) つぶやき15

「楽しいことや悲しいこと hanaのつぶやき」 私は、この夏で9歳になったハナです。もう9回の夏を過ごしてしまいました。それにしてもことしはいろいろなことがありました。楽しいこと、つらいこと、悲しいことが重なりました。長い間一緒にいて、あん…

1296 hana物語(38) つぶやき15

「楽しいことや悲しいこと hanaのつぶやき」 私は、この夏で9歳になったハナです。もう9回の夏を過ごしてしまいました。それにしてもことしはいろいろなことがありました。楽しいこと、つらいこと、悲しいことが重なりました。長い間一緒にいて、あん…

1295 hana物語(36) つぶやき14

「老犬でも想像妊娠 私の日記から」 人間の世界では「想像妊娠」という言葉がある。実際には妊娠していないのに、妊娠したのと同じような兆候が現れる現象だ。それが犬の場合にも発生することがあることを、わが家のhanaが証明した。8歳半の老犬の範疇…

1295 hana物語(37) つぶやき14

「老犬でも想像妊娠 私の日記から」 人間の世界では「想像妊娠」という言葉がある。実際には妊娠していないのに、妊娠したのと同じような兆候が現れる現象だ。それが犬の場合にも発生することがあることを、わが家のhanaが証明した。8歳半の老犬の範疇…

1294 hana物語(35) つぶやき13

「いたずらをやりました hanaのつぶやき」 ことしもきょうで終わり、2011年が近づく足音が聞こえてくるようです。私は8歳半になりました。夕方の散歩のとき、だれもいない広場で「お父」がリードをはずしてくれたので、思い切り走ってみました。近…

1294 hana物語(36) つぶやき13

「いたずらをやりました hanaのつぶやき」 ことしもきょうで終わり、2011年が近づく足音が聞こえてくるようです。私は8歳半になりました。夕方の散歩のとき、だれもいない広場で「お父」がリードをはずしてくれたので、思い切り走ってみました。近…

1293 hana物語(34) つぶやき12

「ドライブ中の出来事 hanaのつぶやき」 私は小さいころから車に乗るのが大好きでした。これまでは夏でも車に乗せてもらうのが普通でしたが、暑くてたまらないことしの夏は、家族はあまり車に乗せてくれません。 だから、みんなが出かけるときには、大騒…

1293 hana物語(35) つぶやき12

「ドライブ中の出来事 hanaのつぶやき」 私は小さいころから車に乗るのが大好きでした。これまでは夏でも車に乗せてもらうのが普通でしたが、暑くてたまらないことしの夏は、家族はあまり車に乗せてくれません。 だから、みんなが出かけるときには、大騒…

1292 hana物語(33) つぶやき11

「いい加減な飼い主のこと hanaのつぶやき」2月もあと1週間で終わりです。人間には寒い季節でしょうが、私のような犬には、夏に比べたらすごしやすい方です。きょうは、私の家で一番いい加減な「お父」の話をします。きょうの出来事です。 夜、「お父…

1292 hana物語(34) つぶやき11

「いい加減な飼い主のこと hanaのつぶやき」 2月もあと1週間で終わりです。人間には寒い季節でしょうが、私のような犬には、夏に比べたらすごしやすい方です。きょうは、私の家で一番いい加減な「お父」の話をします。きょうの出来事です。 夜、「お父…

1291 hana物語(32) つぶやき10

「犬の事故の話 私の日記から(第1章と重複しますが、当時の心境はこんな感じでした)」 わが家の犬が爪楊枝を飲み込んで大騒ぎをしたことは、hanaの独り言の通りだ。実は、こうした犬にまつわる「事故」はそう珍しいことではないようだ。わが家の話を…

1291 hana物語(33) つぶやき10

「犬の事故の話 私の日記から(第1章と重複しますが、当時の心境はこんな感じでした)」 わが家の犬が爪楊枝を飲み込んで大騒ぎをしたことは、hanaの独り言の通りだ。実は、こうした犬にまつわる「事故」はそう珍しいことではないようだ。わが家の話を…

1290 hana物語(31) つぶやき9

「飼い主の愛情が一番のごちそう hanaのつぶやき」 私の主治医は、おじいちゃん先生です。ふだんは苦虫をかみつぶしたような、愛想のない顔をしています。私はつい最近7歳になりました。優しい家族の家に飼われていますが、夏の暑さには参ってしまい、…

1290 hana物語(32) つぶやき9

「飼い主の愛情が一番のごちそう hanaのつぶやき」 私の主治医は、おじいちゃん先生です。ふだんは苦虫をかみつぶしたような、愛想のない顔をしています。私はつい最近7歳になりました。優しい家族の家に飼われていますが、夏の暑さには参ってしまい、…

1289 hana物語(30) つぶやき8

「連休のわが家は hanaのつぶやき」 世間ではゴールデンウイークという連続した休みが続いています。ふだん家にいない「お父」がこのところ、毎日私の相手をしてくれます。朝だけでなく夕方の散歩も付き合ってくれますが、夕方はやや苦痛です。 ママは、…

1289 hana物語(31) つぶやき8

「連休のわが家は hanaのつぶやき」 世間ではゴールデンウイークという連続した休みが続いています。ふだん家にいない「お父」がこのところ、毎日私の相手をしてくれます。朝だけでなく夕方の散歩も付き合ってくれますが、夕方はやや苦痛です。 ママは、…