新・小径を行く

新・小径を行く

時代の移ろいを見つめた事柄をエッセイ風に書き続けております。現代社会について考えるきっかけになれば幸いです。筆者・石井克則(ブログ名・遊歩)

2033 ドラマチックな五輪の人間劇 負の側面目立つ東京大会

             

            f:id:hanakokisya0701:20210724173439j:plain

 市川崑の監督による記録映画『東京オリンピック』が完成したのは、五輪開催から4カ月経た1965年2月末だった。しかし、オリンピック担当大臣だった河野一郎や文部大臣、愛知揆一らの「記録性を無視したひどい映画」(河野)、「この映画を記録映画として推薦できない」(愛知)の反対で一部手直しせざるを得なかった。昨日開会式があった2度目の東京五輪河瀬直美監督が公式映画の監督を務めるが、政界の妨害がなく公開されることを願うばかりだ。

  市川崑の映画は芸術性が強かったため賛否両論があり、河野に同調する批判派も少なくなかったという。これにけりを付けさせたのは、当時40歳で「二十四の瞳」の主演・大石先生役で知られた女優の高峰秀子だった。東京新聞に「どうしてあの映画がいけないのか」と、市川擁護の意見を投書したうえ、単身で河野に会いに行き、市川と面談するよう説得した。結局河野と市川は3回面談、河野は市川の映画制作の意図を了解した。映画は3月20日封切られ、空前のヒットとなる。こんな話が野地秩嘉著『TOKYOオンピック物語』(小学館)で紹介されている。高峰は筆の立つ女優で、自伝は読み応えがあった。

 1年延期になって開会した今回の五輪。河瀬監督は既に撮影を進めているという。どんな内容になるのか知るすべはないが、今回は監督も困るほど話題は多いはずだ。大会関係者の辞任・解任が相次ぎ、私は競技自体より五輪をめぐる人間劇の方がドラマチックのように思えてしまうのだ。昨夜の開会式。天皇陛下が開会宣言をした際の菅首相と小池東京都知事の姿がテレビに映し出された。天皇陛下が立ち上がって開会の言葉を述べ始めても2人は座ったままで、途中これはまずいと気が付いたのか、小池知事が菅首相に目配せをするようにして立ち上がると、菅首相もようやく立ち上がった。そんな首相に対し批判の声が強い。この場面など映画になったらカットされてしまうかもしれない。

 それにしても選手たちがマスク姿で入場する開会式は前代未聞であり、コロナ禍の最中の五輪として、記憶に残る大会になるはずだ。選手たちの入場行進も時間がかかり、そのうえ橋本組織委会長とバッハIOC会長の話が長く、コロナ禍の大会であることを忘れた演出ではないかと思ってしまった。特にバッハ氏の話はテレビでは同時通訳者の声とダブってしまって、よく聞きとれなかった。「感動の薄い開会式だった」というのが、ラジオ体操仲間の一致した感想だった。コロナ禍の中で強行され、ほとんどが無観客の大会。選手たちにとっても試練の日々が続くが、開催自体に賛否の声が半ばする大会の公式映画がどんな内容になるのか、興味が尽きない。

2032 闇深き国際事件に挑む 春名幹男『ロッキード疑獄  角栄ヲ葬リ巨悪ヲ逃ス』

 

        

        f:id:hanakokisya0701:20210725083832j:plain

  私にとって、ロッキード事件は記者活動の第二の原点だった。記者としてのスタートは東北・秋田であり、その後仙台を経て社会部に異動した。間もなくこの事件がアメリから波及し、末端のいわゆるサツ回り記者として、かかわることになった。春名幹男著『ロッキード疑獄 角栄ヲ葬リ巨悪ヲ逃ス』(KADOKAWA )を読み、当時のことが蘇った。あれから、45年の歳月が過ぎ、この事件は「総理大臣の犯罪」として戦後史・昭和史に大きく刻まれた。それにしても、逃した巨悪とは誰だったのか……。

  ロッキード事件は、米国ロッキード社の大型旅客機の売り込みに際し、各国要人に多額の賄賂が流れた疑獄事件だ。1976年の米国上院外交委員会多国籍企業小委員会で発覚、このうち日本関係では元首相(5億円の賄賂を受け取った当時は首相)田中角栄をはじめ政府高官、大手商社丸紅、全日空幹部らが逮捕・起訴され、戦後史に残る疑獄事件となった。この本は第一部~第三部で構成されている。第一部は事件の発覚と田中元首相の逮捕、第二部は田中がなぜ米国の怒りを買い葬られたかのか、第三部は捜査から逃れた巨悪の正体について書かれており、15年という年月を要して集めた豊富な資料、証言を基にこの事件の「謎」に迫っている。

  この事件ではこれまで多くの本が出版され、事件をめぐってさまざまな陰謀説も流れている。例えば、ロッキード社の文書が事件を最初に暴いた米国上院外交委員会多国籍企業小委員会の事務局に誤って配達され、事件が発覚したという誤配説や、日本独自の資源供給ルート確立のために田中が積極的な資源外交を展開したことが米国の虎の尾を踏んだ資源外交説など5つあるという。これらについて、この本の中で詳細な検討が加えられ、それらの多くを根拠なしと判断している。

  最後に残ったのは、「キッシンジャーによる田中憎悪説」だ。著者は自身が発掘した米政府の文書を基に、立花隆らによる田中金脈追及で首相を辞任した田中のカムバックを阻止するため、田中の刑事訴追が可能になる状況を整えたというのが、この事件の背景にあると指摘。米国を追い抜いた形の日中国交回復など田中を嫌った理由をキッシンジャー発言などの資料を駆使して列挙している。キッシンジャーについて、ノーベル平和賞を受賞した平和を愛する元学者の国務長官という印象を持っている人は多いのではないか。しかし、この本の中で著者は「正義と混乱」より「不正義と秩序」を重視し、盗聴やだまし討ち、裏切りと言った禁じ手を使い、ライバルや邪魔者を押しのける強引な人物――という冷酷な人間像を描いている。これを読むと、キッシンジャーに対するこれまでの見方が変わるはずだ。

 東京地検はこの事件で丸紅ルート、全日空ルートについては摘発したものの児玉ルートは解明されることはなかった。この本の第三部では、捜査から逃れた「巨悪の正体」について迫っており、その巨悪が児玉であり、当時の自民党幹事長で後の首相、中曽根康弘についても「巨悪の側にいた人物」として、その疑惑を記している。さらに自衛隊の対潜哨戒機P3C導入をめぐる疑惑、1979年に表面化したダグラス・グラマン事件(米証券取引委員会がグラマン社のE2C早期警戒機の売り込みで商社日商岩井を通し岸信介中曽根康弘福田赳夫松野頼三らに秘密資金が流れたと発表。検察は日商岩井幹部だけを逮捕、名前が出た政治家は証拠不十分として立件されなかった)に関しても頁を割き、日本の政界工作にCIA(米中央情報局)が関与していたことにも触れている。

  著者は共同通信社の外信部記者として長い間アメリカ問題を中心に取材し、特別編集委員も務めた。 この本は15年に及ぶ取材の積み重ねを基にした、著者のジャーナリスト活動の集大成といっていい。ロッキード事件については未解明な部分が多いが、この本はそうした疑惑に挑んだ労作で、改めてこの事件の闇の深さを感じる。     

  ⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄      

 この本を読んだ後、私の先輩だった板垣恭介が1998年に出した『無頼記者』(マルジュ社)という本の中で、ロッキード事件に触れていたことを思い出した。検察担当時代、特捜の鬼といわれた河井信太郎と知り合った板垣は、ロッキード事件のころ(板垣は当時警視庁担当キャップ)、大阪高検検事長を最後に退官したばかりの河井を訪ねた。板垣が田中逮捕の意味について聞くと、河井は「かつて自分の保身と栄達のために田中金脈を潰した奴らが、今度は保身と栄達のためにロッキード事件をやっているのです」と、厳しい言葉で検察上層部を批判をしたという。

 河井は当時の一部検察幹部やOBの名前を挙げ「奴らは小佐野賢治(田中の親友。金脈づくりに加担したと見られた)のホテルにタダで泊まり、小佐野のゴルフ場でタダでゴルフをしている」と語り、河井が地方に飛ばされた後で発生した田中ファミリー企業で田中金脈の一つといわれた「新星企業」の土地ころがし事件のことに話が及んだ。河井は「検察が本格的に(新星企業事件を)捜査していたなら、アメリカからの輸入ネタ(ロッキード事件のこと)なんかもらわなくてもよかった」という趣旨の話をし、悔しそうな顔をしたという。この事件は警視庁も検察も本格捜査はせず、田中金脈への追及はしなかった。板垣は、警察・検察に対する田中の影響力が健在だったことはこの事件の処理でも明らかと書き、その検察がロッキード事件でなぜ田中を逮捕したかについて「自民党全体を巻き込む大疑獄を食い止めるためのスケープゴートだった疑いを持っている」と推理している。

 私は社会部遊軍記者時代、ロッキード事件被告の座にありながら立候補を繰り返した田中の選挙担当となり、ある日の早朝、新潟県西山町の自宅を訪ねたことがある。秘書の早坂茂三は「社会部記者は敵だ」と言って追い返そうとしたが、田中は私を家の中に招き入れ、色紙を書きながら話をしたことを覚えている。顔の色つやはよく、生気がみなぎっている印象を受けた。選挙ではトップ当選した田中だが、ロッキード事件被告という十字架を背負っていたためかウイスキーオールドパーを浴びるように飲み、それがもとで脳梗塞を発症、1993年12月16日、75歳でこの世を去った。(敬称略)

         f:id:hanakokisya0701:20210723094613j:plain

 

2031 幻滅の大相撲 品性なき横綱とふがいなき力士たち

         f:id:hanakokisya0701:20210718201046j:plain

 大相撲名古屋場所は、6場所連続して休場し進退をかけた場所といわれた横綱白鵬が15戦全勝で45回目の優勝を飾り、復活を果たした。この場所をテレビ観戦していた私は、現在の角界に幻滅を感じてしまった。同じ思いを抱く人は少なくないはずだ。その理由は2つある。

 千秋楽、14戦全勝同士で立ち会った白鵬大関照ノ富士戦。相撲は格闘技とはいえ、白鵬の戦い方に違和感を持った。ここまでして勝ちたいのか、と。見苦しささえ感じた。立ち会い、白鵬はまず照ノ富士の顔を激しく張り(張り手)、続いて右手の肘で顎にエルボー(かちあげというらしい)をかました。にらみ合いの後、白鵬はさらに両手で張り手をやる。カッとなったと思われる照ノ富士も張り返すが、白鵬には通じない。こうなると白鵬の思うつぼだ。右四つに組むと小手投げで照ノ富士を土俵にはわせた。

 勝った白鵬は土俵上でものすごい形相で雄叫びを上げ、その後ガッツポーズをした。「見ごたえのある一番だった」などというスポーツライターもいるが、大横綱の取り口は品性がない。私はプロレスの試合を見ているようだと、錯覚してしまった。白鵬は14日目の大関正代戦でも土俵際まで下がって仕切るというルール破り(仕切り線でやる)をして批判を浴びていた。相撲解説者の北の富士さんは、これについて「あきれて物が言えんな」と話したそうだが、千秋楽の照ノ富士戦についても「ありとあらゆることをやっているからね。うーん。やっていることはえげつないんだけどね、勝負にかける執念…」と語り、後は続かなかった。それはこれまで見たことがない、衝撃の光景だったのかもしれない。

 優勝インタビューで「進退の意味がよく分からなかった」と語った白鵬。千秋楽に家族を呼び寄せたのだから、優勝に掛ける思いは過去の優勝以上に強かったのではないかと思われる。それにしても「勝つためには何でもやる」という姿勢見え見えの白鵬に諸手を挙げてよくやった、とはいえない。これが幻滅した理由の一つだ。

 次に、照ノ富士を除く力士たちのふがいなさが2つめの理由だ。照ノ富士は立派に違ない。膝の大けがや糖尿病で大関から序二段まで陥落したのを克服して大関に返り咲き、綱取りと言われた今場所も14勝1敗という成績を残し、横綱昇進を確実にしたのだから。しかし、3人の大関はふがいない。夜の街通いで6場所出場停止の朝乃山は幕下以下まで下がる。首を痛めて1勝だけで休場した貴景勝、千秋楽でようやく勝ち越した正代。何をやっているのかと言わざるを得ない。

 関脇以下も芳しくない成績だった。気を吐いたのは逸ノ城朝青龍の甥の豊昇龍、霧馬山、玉鷲白鵬照ノ富士を含めてみんなモンゴル出身の力士たちだった。白鵬を除いた彼らからは、ひた向きさを感じた。一生懸命にやっていることが伝わったからだ。このほか若手で目立ったのは、12勝3敗の琴ノ若だけだった。大けがを乗り越えて幕内に戻った宇良の活躍もうれしいが、客観的に見ると寂しい場所だった。

 両国国技館に何度か足を運んだことがある。これから強くなると思われた力士は、なぜか体全体が輝いて見えた。その後、その力士は間違いなく大関、あるいは横綱になった。そんなヒーローが角界に現れるだろうか。かつての大鵬千代の富士のようなヒーローが出なければ、角界の魅力はますます薄れるに違いない。

 追記

 ①同じスポーツのサッカーで五輪戦を前に優勝候補のスペインと1-1で引き分けたU24日本代表。主将の吉田麻也は「われわれは毎日命をかけて戦っている。たくさんの税金が使われている以上、五輪も有観客でサッカーをやるよう再検討してほしい」と語った。この言葉から、私はスポーツ選手の傲慢さ、視野の狭さを感じ、失望した。コロナ禍に苦闘する国民感情を理解していない……。そう思わざるを得ないのだ。

 ②大相撲の十両貴源治(24)が大麻を使用していたことが20日、明らかになった。大麻は使用だけでは罪に問われない。ただ、使ったということは所持していたことが濃厚であり、警察の捜査で所持も裏付けられる可能性が高く、貴源治は解雇など、重い処分が科されるだろう。貴源治の双子の兄は元十両貴ノ富士で、現在は格闘家のスダリオ剛。付け人に対する暴力行為などで2019年10月に力士を引退しており、兄弟そろっての不祥事になった。角界への幻滅度は増すばかりだ。

 ③照ノ富士横綱昇進が決まった。21日の昇進伝達式で「不動心を心がけ、横綱の品格、力量の向上に努めます」という口上を述べた。「品格」は白鵬を意識した言葉のように思えてならない。ただ照ノ富士も勝負がついた後で、相手を土俵下に突き飛ばす相撲が何番かあった。相手がけがをすることもあり得るから、ダメ押しはやってはならない。

2030 濃霧の中に浮かぶ白虹 人々励ます自然の演出

     f:id:hanakokisya0701:20210717160525j:plain    

 私の散歩コース、調整池を回る遊歩道は、濃霧に包まれていた。今朝6時前。途中で引き返す人もいる。この道はよく知っているから、霧の中、歩を進めると南西の方角の空に、曲線の模様が浮かんできた。灰色の模様は次第にアーチ状になっていく。虹だった。これまでさまざまな虹を見てきたが、濃霧の中での灰色に近い虹を見たのは初めてだった。

 慌てて調整池を見渡すことができる高台の歩道まで駆け上がり、スマートフォンでこの風景の撮影を始める。下の遊歩道では私と同年配と思われる男性が、スマートフォンを持って必死に走っている。「あの人も虹を発見したな」と思った。それにしてもすごい勢いだ。男性は私がかつて大けがをしたことがある、斜面を上がってくる。虹の撮影には、やはり私がいる場所がいいと判断したようだ。でも、その斜面は危険なのだ。

 ハラハラしながら見ていると男性は足を滑らせることもなく、何とか高台まで到達した。「そこはぬかるんでいて危ないですよ。私は以前、夕焼けを撮影していて大けがをしたことがあるんですよ」注意を促したが、彼は上の空だ。「ああそうですか」といって、スマートフォンを虹の方向に向け、撮影を始める。私はこの人と離れた場所に移り、シャッターを押し続けた。ここでは前日も美しい夕焼けを見た。そして、この濃霧と灰色に近い虹……。全く予想もしなかった自然の演出に嬉しくなった。

 10分ほど虹を見ていた。次第に後方の東の空が明るさを増してくる。虹の色は薄くなっていく。そして霧が晴れると、虹も姿を消した。「虹立つも消ゆるも音を立てずして」(山口波津女)の句のように、虹という自然現象は音を立てないから、南西の空のアーチに気付かず、黙々と歩いている人もいる。

「虹は幸運の前兆」といわれるそうだ。朝のラジオ体操の前に虹を見たことを話すと、仲間の一人が「きっといいことがありますよ」と言っていた。辞書を引くと「虹」の字のうち虫はヘビのことで、つくりの工は貫くという意味だと出ていた。それゆえに、虹は天空を貫くヘビを表しているから、不吉なものの象徴と言った時代もあった。

 だが、近代はその美しさもあって、幸運がやってくる前兆だとして歓迎されるようになったという。コロナ禍が続く暗い時代。後ろ向きに捉えるより、希望をもたらす現象と思った方がいいに決まっている。そうだ、今朝の虹は、不安な日々を送る私たちを励ましているに違いない……。

 この写真を見た、大先輩から「白虹ではないか」と教えられた。調整池から出た虹は白色(あるいは灰色)以外の色はほどんどないので、白虹といっていいだろう。虹は通常、太陽の光が空気中の水滴(雨など)に反射して発生するもので、7色だ。一方、太陽の光が霧に反射して見られる現象を「白虹」という。朝の白虹は晴天になることのサインだそうで、この後私の住む街周辺は澄んだ青空が広がり、暑くなった。

 

    f:id:hanakokisya0701:20210717160550j:plain

 

    f:id:hanakokisya0701:20210717160618j:plain

 

    f:id:hanakokisya0701:20210717160642j:plain

 

        f:id:hanakokisya0701:20210717160726j:plain

 

     f:id:hanakokisya0701:20210717160753j:plain

 

 1592 夕焼け断章 暗くなるまで見ていたい

 1832 季節は秋から冬へ ラガーの勝ち歌みじかけれ(横山白虹の俳句関連記事)

2029『星の王子さま』作者の鮮烈な生き方 佐藤賢一『最終飛行』

  f:id:hanakokisya0701:20210714153529j:plain     f:id:hanakokisya0701:20210714153553j:plain

 アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(1900~1944)といえば『星の王子さま』の作者として知られるから、多くの人は童話作家だと思うかもしれない。もちろんこの童話はサン=テグジュペリの代表作といえるだろうが、それだけでなく『夜間飛行』や『人間の土地』を書いたフランスを代表する有名作家であり、第二次大戦には飛行士として出征した「飛行機野郎」だった。佐藤賢一著『最終飛行』(文藝春秋)を読んだ。ナチスドイツに占領されたパリからアメリカに一時亡命し、戦線復帰後行方不明になる最後の偵察飛行までのサン=テグジュペリの姿を追った長編小説だ。

 フランスはパリがナチスに占領されるとヴィシーに親独政権が誕生、一方イギリス・ロンドンに亡命したシャルル・ド・ゴール(1890~1970)はナチス打倒のための活動を始める。アメリカに移ったサン=テグジュペリナチスに奪われたフランスを取り戻すことが大事であって、フランス人同士が争うべきではないと、2つの勢力には組みせず、独自にフランス解放の道を探る。こうしたサン=テグジュペリの言動はアメリカに亡命したフランス人から批判を浴び続けるが、そんな中で童話『小さな王子』(邦題『星の王子さま』)を書き上げる。

 この本で描かれるサン=テグジュペリは高慢で自己顕示欲が強く、批判精神も旺盛、女性にも弱い。とはいえ彼は友情を大事にした。『星の王子さま』の献辞には「レオン・ウェルトに」とある。フランスのジャーナリスト、小説家、美術評論家だったレオン・ウェルトはサン=テグジュペリより22歳上だが、2人は親友だ。ユダヤ人であるがゆえに、ナチスから弾圧を受けた親友へ応援の言葉だ。彼は清濁併せ持つ、人間性豊かな作家だったといえる。

 空への思いを断ち切ることができないサン=テグジュペリは、40歳を過ぎた飛行士はあり得ないにもかかわらず、様々な根回しの結果、念願の戦線復帰を果たしてしまう。44歳の誕生日には強引に後輩と代わってコルス島(コルシカ島)のボルゴ基地からロッキードP-38に乗って偵察飛行に出る。それが、悲劇へとつながる。自分本位に生きた高名な作家・飛行士の最期については、近年まで詳細が不明だった。本の題名にもなった「最終飛行」に関する記述は佐藤の創作だというが、描写は丁寧で飛行機を愛したサン=テグジュペリらしいラストではないかと思われる。

  佐藤は、戦線に復帰したサン=テグジュペリの飛ぶことへの思いを次のように書いている。この言葉は、現代にも通じる警句のように受け止めることができる。

《この馬鹿な戦争が終わったら、いいたいと思うこと、やりたいと思うことが沢山あります。しかし、それだから今は空から離れられないんです。ええ、飛んでなければ、何も書けない。戦わなければ、何もいう権利がない。ええ、飛ぶこと、戦うこと、命の危険を逃げずに引き受けること、それが僕の強みなんです。飛びもせず、走りもせず、自らは安全な場所に留まりならが、ただもっともらしい言葉だけ吐いている連中に対する、絶対の武器になるんですよ》

  今、私の手元には『星の王子さま』(内藤濯訳・岩波書店)がある。サン=テグジュペリの最終飛行を思いながら、再読している。