小径を行く

小径を行く

時代の移ろいを見つめた事柄をエッセイ風に書き続けております。現代社会について考えるきっかけになれば幸いです。筆者・石井克則(ブログ名・遊歩)

2101 医師受難の時代に『ひとすじの道」への思い

           

          f:id:hanakokisya0701:20220128212753j:plain

 医師の受難が続いている。コロナ禍で多くの医師たちが多忙を極めている中、埼玉県ふじみ野市で猟銃を持った男が在宅訪問診療の医師を射殺した事件が起きた。大阪では12月、北区の心療内科クリニックで患者の男がガソリンを使って放火、院長ら25人が殺害されるという悲惨な事件があった。意識不明になった男もその後死亡し、詳しい事件の解明はできなくなった。

 不条理といっていい出来事だ。2つの事件に共通するのは、昔読んだイギリスの作家、イギリスの作家で医師のA・J・クローニン(1896~1981)『ひとすじの道』という作品に出てくる医師像だ。

 以前、拙ブログに書いたこの作品のことを要約する。

    ⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄ 

《「ひとすじの道」は、クローニンの自伝的長編小説『人生の途上にて』の中の2つをまとめたものだ。若い主人公がイギリスの田舎町の町医者の所に雇われ、苦労しながら成長する。町医者も主人公も私は好きになった。町医者は酒が好きでけっこういい加減だし、主人公はひた向きすぎる。それが失敗にもつながるのだが、それはそれでいい。医者の理想は何だろうか。出発点はいろいろだろう。親が医院を営んでいるので、その子供も跡を継ごうとするかもしれない。大事な人を早くに失い、失意の中で少しでも命を救おうと思ったのかもしれない。頭がよかったので、たまたま医学部を受けたら合格した人もいるだろう。

 スタートはどんなでもいいと思う。だが、大事なことは、医は仁術であり、ヒューマニズムが第一なのだ。中国やミャンマーでは、いま多くの命を守ろうと医師たちが苦闘の日々を送っている。医者はともすれば、患者を見下す。それは、勘違いなのだ。そうした思い違いをしている医者はクローニンの作品を読むべきだと思う。

 少年時代、私はある病気で入院した。そのときに出会った医者は恐い顔をして、口も悪い。私は家族が来ると「あのくそ医者!○○太郎」と医者の名前を呼び捨てにして悪口を言った。彼は苗字よりも、名前で「○○太郎先生」と呼ばれ、評判は悪くはなかった。口は悪くても実は心は優しく、クローニンの小説の町医者によく似ている人だった。》

    ⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄⬄   

 各種の報道を見ると、今回の事件で命を失ったふじみ野市の医師鈴木純一さん(44)も大阪の医師西沢弘太郎さん(49)も「ひとすじの道」の町医者、そして私が世話になった〇〇太郎先生と同じ道を歩んだ人ではなかったかと思う。理不尽、不条理、無慈悲……。2人に掛ける適切な言葉は見当たらない。

 コロナ禍の時代に起きた陰惨な事件。コロナ禍が時代背景にあるとはいえ、やりきれないと思うのは私だけではないだろう。一方で、こんな時でも私の近所では医者の豪邸が作られている。この人は何を考えて医療行為をしているのだろうか。責めるわけではないが、疑問が尽きない。

2100 朝もやが描き出したモノトーンの世界 自然の変化と付き合う

           f:id:hanakokisya0701:20220127112548j:plain

「夜霧」や「朝靄」は、情緒的な響きがあるが、日常の会話で「霧」と「靄」(もや)を使い分ける人はほとんどいないだろう。物の本を調べると、気象用語でははっきり区分けする基準があるのだという。この基準に当てはめると、今朝、わが家の周辺で発生した自然現象は「靄」だった。ラジオ体操が始まる直前に漂い始めた靄は、2時間ほどで消えた。

 霧と靄は、大気中の水蒸気が微小な水滴がとなって浮遊して視界が悪くなるもので、同じ現象だ。しかし気象用語では水平視程が1キロ未満、つまり1キロ以上の遠くの物が見分けられなくなる状態が霧で、靄は水平視程が1キロ以上の状態を指す。近くしか見えないのが霧で遠くまで見えるのが靄といっていいのだろう。このほか、空気中の水滴やその他の粒子によって視界が悪い状態のことを霞というが、俳句では霞は春、霧は秋の季語であり、靄は季語にはなっていない。

 冒頭に書いた通り、わが家周辺では今朝、水蒸気が浮遊して視界が悪くなる現象があった。そう濃くはなく1キロ先が見えなくなることもなかったから、朝靄といえる。近くに調整池があり、この周囲では季節に関係なく霧や靄が発生する。体操の後、ここに行ってみると風情ある風景になっていた。ほぼモノトーンに近い世界。ゴッホならこの風景をどう描くのだろうかと、ふと思ったりした。

    f:id:hanakokisya0701:20220127112625j:plain

    f:id:hanakokisya0701:20220127112645j:plain

 詩人で彫刻家の高村光太郎(1883~1956)は、外を歩くことが好きだったそうだ。戦後、岩手で山小屋生活をしたくらいだから、外歩きは苦にならなかったようだ。足が速く、一人歩きだと2、3里(約7・8~11・7キロ)歩くのにそう時間がかからない。「自由自在に歩きたいから多くの場合は一人で歩く。風のやうに歩いたり、流れる埃のやうに歩いたり、熊のやうに歩いたり、時には鶴のやうに歩いたりする。或る時はまるで自分自身の中に没入した状態で歩き、或時は又下界に一々魂を奪はれながら歩く」(『日本詩人全集9 高村光太郎』新潮社・エッセイ「生きた言葉」)というのが光太郎の歩くスタイルだ。

 かつては私も歩くのが速かった。しかし加齢とともに速度は遅くなり、昨今は自然が描き出す雄大な風景を楽しみながら歩くことが多くなった。光太郎的な「風のように、流れる埃のように、熊のように、鶴のように」とは行かないが、のんびり、ゆっくり自然の変化と付き合いながら歩くのも、なかなかいい。1月も下旬。光の春がそこまでやってきている。

    f:id:hanakokisya0701:20220127112729j:plain

    f:id:hanakokisya0701:20220127112702j:plain

    f:id:hanakokisya0701:20220127112752j:plain

写真

1~3 調整池周辺の朝もや 4~6 ラジオ体操会場周辺

2099 強敵と戦う武器は 小学生にも大きな影響のオミクロン株

                                

        f:id:hanakokisya0701:20220125150324j:plain

         (満開になった遊歩道の紅梅)

「疾病というものは侮り難い強敵なのだ。恐るべき武器をもっているのだ。われわれがどれほど強固な武装をしたところで、なかなか歯がたつものではない。われわれがどれほど防衛の態勢を整えたところで、その攻撃にかかっては耐えうるものでないのである」

 これは、1722年にイギリスで出版されたダニエル・デフォー作『ペスト』(平井正穂訳・中公文庫)という作品に書かれている一節だ。「疾病」には「ペスト」というルビが振られているが、今世界中で猛威を振るっている「コロナ」と置き換えることもできる。300年の長い時代を経ても感染症の脅威は変わらない。

 作品の終盤では、ペストが終息した後のイギリスの実態についても触れている。疾病がやんだのだから、いがみ合いやののしり合うことがきれいにやんだらよかったのだが、そうはならなかったというのだ。「疾病流行前、わが国の平和を乱していた元凶こそは、まさしくこのはてしなきいがみ合いの根性であった」とデフォーは書いている。

 コロナ禍は現在、オミクロン株によって世界的な大流行が続いている。既に560万人が死亡しているのだから、歴史に残る恐るべき疾病といえる。新型コロナワクチン接種パスポートの義務化をめぐってフランス、ドイツ、ベルギー、チェコ、スイス、オーストリアなどヨーロッパ諸国で反対する市民が抗議のデモをしているニュースが流れている。各国政府はコロナの防疫措置としてワクチン接種を推進しようとしている。これに対し「自由への侵害」と受け止める市民が少なくないのだろう。ワクチンを打つべきか否かをめぐって、わが国でも議論が続いている。「接種は強制ではない」がわが国の基本で、ヨーロッパのような接種パスポート義務化が提案されることはないだろうが、決して他人事とは思えない。

 近所に小学校がある。全校児童数は約670人だ。このうち昨日は93人が休んだそうだ。今朝、登校する児童の姿はまばらに見えたから、休む子どもはもっと増えるだろう。児童自身が陽性になったり、家族が濃厚接触者として会社を休んだり、形態は様々だが、この小学校は1学年当たり3学級(1学級は30数人)が基本だから、1つの学年が休んだ計算になる。登校しても授業は午前11時までというから、オミクロン株の影響は大きい。一昨年の全国臨時休校という悪夢が蘇ることがないことを願うばかりだ。

『ペスト』には、「私としては、あの過ぎさった日の惨禍を忘れることなく、互いに寛容と親切をこととして、疾病終息後のわれわれの行動を律すべきであった、と何としても思わざるをえないのである」という作者自身の思いも書かれている。この指摘は現代に生きる私たちにも通じるものであり、心すべきことではないだろうか。

    f:id:hanakokisya0701:20220125150343j:plain

 

2098 『ラルゴ』・幅広くゆるやかに ピアニスト反田さんの願い

    

    f:id:hanakokisya0701:20220125152700j:plain

『神よ、ポーランドをお守りください』。ポーランドの人々は幾世紀にもわたって、このような祈りを教会でキリストにささげたに違いない。同じ言葉を私たち日本人は、神にささげたことがあるのだろうか。それは別にしてポーランドはこれまで大国によって侵略され、国民は長い間苦汁をなめ続けた。20世紀。ナチスドイツの侵攻とユダヤ人の虐殺、ソ連支配下の1党独裁・監視社会、民主化への激しい闘争は近現代史に色濃く残っている。それだけに、ショパン(1810~1849)作曲の「聖歌」として、敬虔な祈りを込めた『ラルゴ』は、聴く者の心に響く。2021年のショパン国際コンクール。2位になった反田(そりた)恭平さんは3次予選の中でこの曲を弾き、大きな反響を呼んだ。

 手元にある青澤唯夫著『ショパン――優雅なる激情』(芸術現代社)の作品紹介には、この曲が以下のように出ている。

《『ラルゴ変ホ長調』(遺作)》1937年作とする説が有力だが、疑念もなくはない。「パリ、7月6日」と記されているのに、1837年の7月初めにはショパンはパリにいなかったからである。そうするとショパンがパリにいた1834年あたりが可能性として浮かびあがってくる。作品28のプレリュードのために試作され、のちに破棄されたものではないかという推測もある。コラールふうの荘重な曲で、作品28の20のハ短調とよく似た曲想をもっている(以下、略》

 最近の研究によると、ポーランドでは1825年頃からミサの最後に「神よ、ポーランドをお守りください」を歌う習慣があり、少年だったショパンはその旋律を覚えていて、後にパリでこの曲を作曲したといわれる。楽譜が発見されたのは20世紀に入ってからの1938年で、同年出版されたが、ほとんど知られていないという。

 今回のショパンコンクールに出場した反田さん(ポーランドショパン国立音楽大学に留学中)ほか何人かの日本人を追ったNHKの特集番組を見た。この中で反田さんは、この曲との出会いとコンクールで演奏曲目に加えた経緯を話していた。

ポーランドの聖十字架教会の前で座ったベンチのボタンを押したら、この曲が流れてきたのです。へえーこんな素敵な曲があるんだ。留学しなければ知らなかったし、出会わなかったでしょう。(コンクールで演奏曲目に入れたのは)コロナでパンデミックになっちゃったし、いろいろな感情を世の中の人たちがこの1年持っていたので、この時期にぴったりの作品だと思ったのです」 

 こんな出会いをした反田さんは、第3次予選の『英雄』など4つの演奏曲目の3番目に『ラルゴ』加えた。そしてファイナルに進み、『ピアノ協奏曲第1番』を演奏し第2位になった。

『神よ、地球をお守りください』。新型コロナが依然猛威を振るう世界。このような祈りは世界でささげられているに違いない。「ラルゴ」は音楽用語の速度記号の一つ。イタリア語で「幅広くゆるやかに」という意味があるそうだ。これこそ、コロナ禍の現代に求められている精神と言えるように思える。

2097 「マイクロムーン」を見る 地球から最も遠い満月の朝

    f:id:hanakokisya0701:20220118142813j:plain

     (小学校の赤と緑のシンボルタワーの間に浮かぶ満月)

 今朝の夜明け前、太平洋側の各地で西の空に輝く満月を見た人は多いのではないでしょうか。橙色の小ぶりな月。それはことし一番小さい満月で、「マイクロムーン」と呼ぶそうです。初めて聞く言葉です。控えめな印象がありますね。とはいえ、この月は朝早く出勤する人や散歩をする人を慰めたのではないでしょうか。

 国立天文台によりますと、ことし地球から最も近い満月(スーパームーン)は7月14日で、今回の満月は地球から最も遠い位置のため7月14日に比べると、「視直径」(天体の大きさを表す場合、実際の大きさより角度を用いて見かけの大きさを表すことがあり、見かけの直径を視直径と呼ぶ)が約11パーセント小さくなるそうです。私が見た満月は朝7時前でしたが、実際に地球から最も遠い満月になったのは今朝の8時48分だったそうです。

スーパームーン」は新聞やテレビのニュースにもなり、たまに耳にすることがありますが、「マイクロムーン」という言葉を私はこれまで知りませんでした。今朝も風があって寒い朝でした。それでも眩い月の光に向かって歩いていますと、丸い円に吸い込まれそうになる感覚があり、体が軽くなり、寒さも忘れることができました。

 ベートーヴェンは、1801年に作曲したピアノソナタ第14番を『幻想曲風ソナタ』と名付けました。しかし現在では『月光ソナタ』という通称でよく知られています。これはドイツの音楽評論家、詩人ルートヴィヒ・レルシュタープ(1799~1860)の言葉が由来といわれています。

 レルシュタープはこの曲の第1楽章を聴いて、「ルツェルン湖(スイス中央に位置し、スイス4番目に大きい湖。周辺にはスイス建国にまつわるウイリアム・テルの伝説がある)の月光の波に揺らぐ小舟のようだ」と話したというのです。レルシュタープは音楽評論の分野で大きな影響力を持っていたため、この後、この曲が『月光ソナタ』と呼ばれるようになり、現在もそのまま使われているというのです。

「湖の月光に揺らぐ小舟」という表現で、ある風景を思い出しました。ノルウェーでソグネ・フィヨルドに次いで2番目に大きいハダンゲル・フィヨルド(ホルダラン県)を訪れた際に見た小舟が波に揺らいでいた光景(下の写真)です。朝霧のフィヨルドに浮かぶ小舟は、妖精の乗り物のように見えました。この写真を見ながら『月光ソナタ』を聴きますと、レルシュタープの感性が私にも伝わってくるような気がするのです。

    f:id:hanakokisya0701:20220118142846j:plain

    f:id:hanakokisya0701:20220118142915j:plain

    f:id:hanakokisya0701:20220118143014j:plain